記事

不安を「力」に変える事が重要

投稿日:2019年10月19日 更新日:

 

不安になって悩んでいたって前に進まない。

 

 

皆さんは、なにか目標ややり遂げたい事はありますか

例えば、

英語を話したい。 

お金持ちになりたい。

結婚したい。

目標がある人であれば、必ず悩むことや不安になることがあると思います。

しかしこの「不安になる」ということはあまり意味がないように思います。

 

一生懸命に勉強して英語が話せるかなぁ

一生懸命に行動してお金持ちになれるかなぁ

一生懸命に相手に尽くして結婚できるかなぁ

 

こんなことに時間を使って、

英語を話すことできます?

お金が入ってきます?

できませんよね?

 

英語が話したいなら、一個でも多く英単語を覚える。 

お金を稼ぎたいのであれば、個人で出来ることを調べる。

結婚したいのなら、異性に好かれる方法を身につける。

 

こういった小さい事の積み重ねで物事は達成していくのです。

もし不安になり過ぎて、行動が疎かになっている方がいたら、その事に時間を使って意味があるかをちゃんと考えてみて下さい。

 

考えても仕方ない事に悩まない

 

 

 

 
将来自分がどうなるかなんて、考えても仕方ありません。

未来は誰にも分からないのですから(未来を読むことができる人が世の中にはいるみたいですが)。

 

○考えも仕方ない事に悩み始めたら、意識を別のものに向けよう。

 

対策として、意識を向けるなにかを事前に用意しておく事がいいと思います。

 

例えば、

・英単語帳を用意する。

無駄な事を考え始めたと気付いたら→ 英単語帳をとりあえず開く。

・自分の仕事に必要な本を用意する

無駄な事を考え始めたと気付いたら→ 本をとりあえず開く。

 

5個だけ英単語を覚える。 5ページだけ読むなどもう少し細かく決めておくといいかもしれませんね。

 

 

本当に不安で仕方ない場合は、前に進むことを目的として悩んでみよう。

 

考えても仕方ないと分かっていても、悩みたい時はありますよね。

そんな時は前に進むために気持ち整理することを目的にして下さい。

 

ダメな例は

結果がなかなか出ない → 将来について悩む →

悩む事に時間を割き、前に進まない →

自分なんかダメだと思う。 → 諦める。

 

悩みを見つけて不安になろうと思えば、いくらでもなれます。

気持ちを整理して、前に進めるようにする事を目的にして下さい。

 

グダグタと悩んでいても仕方ないので、時間を決める事も重要だと思います。

10分なら10分。 15分なら15分と時間を決めて下さい。

 

その時間が過ぎたらとにかく行動! それが無駄に時間を過ごさないコツだと思います。

 

 

行動に移すために

 

行動に移すために役立つテクニックを紹介します。

 

○メル ロビンス  5秒の法則 

 

5秒の法則とは、アメリカのテレビ司会者であるメル ロビンスさんが提唱したものです。

やりたい事が浮かんだら、5秒数えるうちにやってしまいます。

なぜかというと、

人は5秒以上考えると「やらない理由」を探してしまうからです。

 

例えば、

・毎日英単語を5個覚えようと決意しても

→ 今日は少し頭痛がするからやめよう

・毎日ランニングすると決意しても

→今日は肌寒いからやめよう

 

など人は必ずやらない言い訳を探してしまいます。

これを回避し、ごちゃごちゃ考える前にやってしまおうという事です。

 

・少し時間が空いたら

→即、英単語帳を開く!

・朝起きたら

→即、外に飛び出る!

 

やはり人間は弱い生き物なので、これくらい即行動しないとダメですね。

-記事

関連記事

自分を許すと幸せになれる。

いつも楽しそうで、元気な人っていますよね。 明るくて、ポジティブで見てるだけで元気が貰えるような人です。 このような人は、自分の事が大好きだと思うのですよ。 自分が大好きだから人生が楽しくて、有り余っ …

自己犠牲の上に幸せなんてありません。

誰かの幸せのために 誰かの笑顔のために 自分が犠牲になってませんか? 自分の事を大切にせずに 人にばかり尽くしていませんか? それでは自分が可哀想ですよ? 思いっきり自分を大切にして下さい。 思いっき …

人の成功を喜べる人になる

人の成功を素直に喜べる人って、もの凄く魅力的に見えませんか?   何かの大会で優勝したり、 祝い事のときに心から祝福してくれる人って 本当に素敵に思えます。   一緒にいるだけで、 …

【早起きのすすめ】朝に終わらせて、夜は遊ぼう

    早起きがいいと昔から言われていますが、 実際 スターバックスのハワード・シュル、 Facebookのマーク・ザッカーバーグ、 Appleのティム・クック   など …

嫌われたことに対して過剰に凹まない 

自分を大切に生きようとすると、それを邪魔してくる人たちが必ず現れます。 そういった人たちはあの手この手で嫌がらせをしてきます。 そういった人たちに嫌われたり、意地悪な事を言われても 決して凹まないでく …